HOME >> 看護師の転職 >> キャリアUPして満足度99%
お気に入りに追加する
賢い看護師の転職でキャリアアップ

キャリアUPして満足度99%

医療現場の実態

高齢化が進む現代の日本。医療機関を利用する人は、毎年のように増えています。厚生労働省の統計調査によると、2008年の1日平均新患の入院患者数は38,999人。2009年は39,391人。この時点で前年よりも1.0%UPしています。これは入院者数のみの統計なので、訪問看護やデイケアサービス・外来患者なども含めると、その数は数倍にもふくらみます。今後も医療機関を利用する人は増加傾向にあるので、需要と供給のバランスから考えてみても、看護師の就業者数が不足してくることは否めません。

看護師の抱える不満

医療行為は特別な職務に違いありませんが、医療機関はサービス業です。医療というサービスを求めて来院する患者に対して、医療機関は満足できる医療行為の提供をします。そのため不足している看護師業務を担うため、1人で何人もの業務を負担することになります。急患によるサービス残業夜勤や日勤のシフト調整の難しさ。重労働であるにも関わらず、その業務に対する対価が低い場合もあります。加えて女性メインの職場であるだけに、人間関係で悩みを抱える人も少なくありません。

看護師のニーズ

正看護師になるためには、看護師国家試験に合格する必要があります。最近の傾向では看護専門学校に進学する人よりも、4年生の看護学部へ進学する人が増えています。看護師の業務は教科書のマニュアルどおりにはいかないので、大学を卒業しても一人前の看護師として成長するには時間がかかります。知識は豊富でも技術は発展途上。また、結婚や出産で退職して現場に復帰しない人もいるので、ある程度経験のある現役の看護師には多くのニーズが寄せられているのです。

看護師の種類

看護師。と一口に言っても、その立場には少し違いがあります。正看護師のサポートする准看護師。医師の指示の元で医療行為をサポートをする正看護師。そして訪問看護・小児救急看護など、専門分野の能力が高い認定看護師。更に感染症看護・がん看護など、高度な看護技術を持つ専門看護師。看護師は経験を積んで技術を磨くことによって、実績を認められた立場を得ると共に、キャリアUPしていくことが可能な仕事です。

勤務可能な職場

医療サービスの拡大によって、看護師の勤務する職場の幅も広がりました。大学病院や総合病院・診療所などの一般的な医療機関から、老人ホームなどの介護福祉施設。地域施設での健診や献血のサポート修学旅行の付き添い。病児保育が可能な保育園。在宅医療を必要とする訪問看護一般企業での健康管理業務。健康相談のコールセンターなど、自分のワークスタイルを考えて選ぶことができます。

看護師求人・転職サイト《看護師.Be!》 >> 看護師の転職 >> キャリアUPして満足度99%
▲ TOPに戻る
掲載会社一覧
ナースではたらこ ナース人材バンク マイナビ看護師 看護のお仕事 ナースパワー人材センター リクルートナースフル ベネッセMCM